オススメの歯ブラシとは

口を開けにくくなってしまう

奥歯や裏側まで磨ける

人間の口内には、たくさんの歯があります。
前歯は磨きやすいので虫歯になりにくいですが、奥歯や歯の裏側は磨きにくく、汚れが残ってしまうことが考えられます。
そこで歯ブラシを購入する際は、ヘッドが小さいことにこだわって探しましょう。
ヘッドが小さいと、口内で動かしやすいというメリットがあります。

それなら奥歯まで楽に届きますし、歯の裏側だって綺麗に磨けます。
歯全体の汚れを落とさないと、虫歯予防になりません。
これまで使っている歯ブラシを口内で動かすのが大変だと思ったら、それよりも小さいヘッドの歯ブラシを選びましょう。
特に女性はもともと口が小さいので、ヘッドが大きいタイプの歯ブラシでは合わない可能性が高いです。

顎が痛くならない

年齢を重ねて顎の筋肉が衰えると、口を大きく開き続けるのが困難になります。
すぐに顎が痛くなり、途中で休憩を挟んだり、そこで歯磨きをやめてしまったりする人が多いのではないでしょうか。
それでは5分程度の短い歯磨きになるので、虫歯予防に効果を発揮できません。
そこでずっと口を開けていられるよう、ヘッドが小さい歯ブラシを使いましょう。

ヘッドが小さいなら、これまでのように大きな口を開ける必要はありません。
少し口を開くだけでも、奥歯まで歯ブラシを届かせることができます。
身体への負担を削減できるので、ゆっくりと歯を磨けるでしょう。
自分に合う歯ブラシを見極めるために、気になったものは積極的に試すことをおすすめします。


▲ TOPへ戻る