オススメの歯ブラシとは

清潔な歯ブラシを使うこと

管理が面倒になってしまう

毛が密集している歯ブラシを、高密度タイプと呼んでいます。
このような歯ブラシは、1回で歯に当たる面積が大きいので、効率良く汚れを落とせる面がメリットです。
歯周病予防に効果的ですが、歯ブラシの毛と毛の間に汚れが入ると、水で洗い流しにくいデメリットがあります。
さらに自然乾燥しにくいので、洗い終わったら水を切る作業が欠かせません。
つまり管理が少し面倒だと、覚えておきましょう。

雑菌が溜まっている歯ブラシを使うと、口内に雑菌が移動してしまいます。
そして口内環境が悪くなり、病気を発症します。
病気を予防するために歯磨きをしているのに、逆効果になったら困りますよね。
ですから常に、清潔な歯ブラシを使えるように努力しましょう。

歯ブラシが汚くなった時

洗っても汚れを落とせなかったり毛先がボロボロになったり、嫌な臭いがしている時は歯ブラシを交換するのがおすすめです。
歯ブラシは消耗品なので、大体1か月に1回は交換すべきだと忘れないでください。
毎回洗ってしっかり乾かしているつもりでも、歯ブラシには雑菌が付着しています。

いつでも歯ブラシを交換できるように、ストックを何個か用意しましょう。
また前回交換してから1か月が経過していなくても、歯ブラシの使い方が悪ければ数週間で毛先がボロボロになり、使えなくなってしまいます。
その際もすみやかに、新しい歯ブラシに交換しましょう。
数週間でダメになる原因は、主に磨く時の力加減にあります。
もっと優しい力で、軽く擦るように磨きましょう。


▲ TOPへ戻る